2014年07月30日

「日本ペインクリニック学会 第48回大会」に参加しました。

こんにちは。

自律神経測定の(株)YKCの金です。


725日から26日まで、

京王プラザホテルで開催されました

「日本ペインクリニック学会 第48回大会」に参加させて頂きました。

こちらの学会では、

弊社の自律神経バランス分析・加速度脈波測定器のTAS9VIEWのみを出展致しました。


ペインクリニックという概念が全くなかった私には新世界で

色々勉強させて頂きました。

特に、神経ブロックという言葉は初めてで、

交感神経など働き過ぎている神経に薬物を注射し麻痺させて、

その活動を抑えて痛みを和らげる治療法が印象的でした。

その交感神経を抑制した時、

弊社のTAS9VIEW」で確認できるのではないかと思いました。


痛みには色んな原因があり、

自律神経の乱れから来る痛みもあると思います。

それを治すための治療の効果を見るツールとして

「TAS9VIEW」が使われるように頑張りたいです。


IMG_2317.JPG IMG_2315.JPG




自律神経バランス測定の企画・開発 株式会社YKC
http://www.ykcgroup.com/


Facebookで新製品の情報も発信しております。
いいね!をお待ちしております。




posted by YKC at 09:01| Comment(0) | TrackBack(0) | YKCの活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月04日

疲れが見えるってほんとう!?

こんにちは。

(株)YKCの金です。


今日は前回に続いて、

ヘルス&フィットネスジャパン2014(HFJ2014)で

MindViewerを体験なさった方々の結果レポートを紹介したいと思います。


かなり低い方.jpg 不整脈2.jpg


左の方はかなり疲れているとおっしゃいました。

結果もそのまま表れました。

99という高い心拍数に、

揺らぎがほとんどない心拍情報から

自律神経活性度が低いことがわかります。

レポートの真ん中のアクティブやリラックスレベルを表す赤い&青い棒が

どちらも理想領域には入っていません。

最後の総合評価での健康度は50点以下となり、

泣いている顔が出てしまいました。

当り前のことですが、

ちゃんと睡眠を取り、

規則正しい生活を送ることはとても重要です。


そして、右の方は不整脈をお持ちの方でした。

先日報告の最初のスポーツ心臓の方と同様、

びっくりマークが出ています。

心拍情報から疲労、ストレスを測定するMindViewerでは、

残念ながら不整脈の方は正しく判断することができません。


スポーツをすることによって、

心臓を鍛えられ、日常的に深呼吸ができるようになると

自然と自律神経の活性度は高くなります。

自律神経というのは、

二日や三日ほどの運動で、

整えられるものではありません。

しかし、根気よく続けることで、

いつの間にかニコニコスマイルと出会える日が来ます。

とりあえず、私が率先してしないといけませんね。

梅雨だから外出できないと言い訳をしていましたが、

考え直そうとしています((T_T)

せめて五日坊主を目指して、頑張ってみます!

posted by YKC at 17:02| Comment(0) | TrackBack(0) | YKCの活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月01日

初めて見た! スポーツ心臓!!

こんにちは。

自律神経測定の()YKCの金です。

先月行われたヘルス&フィットネスジャパン2014では

多くの方が弊社のブースにお越しくださいました。

改めて感謝致します!


展示会開催期間中、

企業様やクラブ様向けの疲労・ストレス測定機器“MindViewer”を体験なさった方は何と161名様!! 

今までにない多くの方々が自律神経や、

ストレス測定に非常に興味を持つようになったということですね! 


本日は、中でも特徴のある結果レポート(MindViewer)をご紹介したいと思います。


皆様は“スポーツ心臓”という言葉をお聞きしたことはありますか。

スポーツ心臓はスポーツ心臓症候群とも言い、

長期間運動をすることで心臓が大きくなって、

4050拍ほどの平均心拍数を持つことを意味します。

(普通の人の平均心拍数は6090です)

マラソンやスイミング選手など、

心肺機能の優れた人たちによくあります。


スポーツ心臓.jpg  26歳の方心拍58.jpg


スポーツ心臓は徐脈性不整脈とよく似ているため、

左のように、びっくりマークが出ることもあります。

これは、一般人を基準にすると、心拍変動が非常に激しいため、

正しく判断出来ませんということです。


こういう場合は、普段の生活習慣や運動習慣などを聞いて、

判断するのが正しいと思います。

右の結果もかなり鍛えている方ですが、

左が右の方より、深呼吸をしているように波が高く、

大きく変動するため、びっくりマークが出たと思います。(私の感想)


ヨガなさっている方.jpg


この方は、ヨガをしているとお聞きました。

自律神経というのは、呼吸とも深く関係があり、

ヨガのように、正しい姿勢でゆっくり深呼吸をすることは

自律神経を整えるに最高かもしれませんね!


では今日はここまで、

次回他のデータも説明いたします。






自律神経バランス測定の企画・開発 株式会社YKC
http://www.ykcgroup.com/


Facebookで新製品の情報も発信しております。
いいね!をお待ちしております。

posted by YKC at 18:01| Comment(0) | TrackBack(0) | YKCの活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする