2017年05月31日

第35回 日本生理心理学会大会に参加しました。

こんにちは。

自律神経測定の()YKCの山野辺です。


2017年5月27日(土)28日(日)の2日間、 千葉県流山市にある江戸川大学にて

「第35回 日本生理心理学会大会」に参加しました。



   生理学会ブースA.JPG    生理学会写真庭@.JPG    整理学会ブース@.JPG


大勢の方が、講演会やポスターやポスター発表に熱心に聞かれるような

大変興味深い内容のものが多かったです。


今回は、TAS9 VIEW(タスナインビュー)自律神経測定器をご紹介しました。

多くの大学や研究機関で、実際に文献・発表にお役立て頂いている商品で、

心拍動の微細な変化を分析、ストレスによる身体の反応を可視化できるものです。

実際に、計測した学生さんは継続的に運動をされている方で、分析結果もさすが!の結果でした。


分析結果.png



弊社、展示ブースに立ち寄って頂いた先生方や関連会社の方々には感謝御礼申し上げます。


ご興味がございましたら、お気軽にお声掛けください。

ありがとうございました。












posted by YKC at 13:23| Comment(0) | TrackBack(0) | YKCの活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/450391151
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック