2018年10月20日

自分の習慣が見えない!?

こんにちは
予防医学、自律神経測定のYKCの崔(さい)です。

先日、ある企業のイベントで「自律神経と活力」についてお話をさせていただきました。
講演終了後会場の方とお話をする機会がありました。
その中で、どうすればすぐ眠れるようになりますか?呼吸法やストレッチなど寝る前に何をすればすぐ寝れますか?と言う質問がありました。

睡眠はとても大事ですね。
自律神経活動とも非常に関係してきます。

その方は、50代後半でしょうか。
食事なども気をつけて、健康を伝えるお仕事もしているそうでした。

寝る前にちょうどいい時間と強度の軽いストレッチを行うとすーっと眠れる方も多いです。

色々とやりとりをして気づいたことがありました。
この方は、テレビが面白くて真夜中の2時までテレビを見ていると言う事でした。

面白い!楽しい!番組を見てから、「さあ 寝ようか」という感じでした。

このような生活がかなり長く続いているようです。
面白い番組を見た直後は交感神経が上がります。
当然ながら、この方はすぐに眠れる事が出来ず、これが習慣になってしまっていました。

出来れば、自然の摂理に反しない生活習慣を持って欲しいです。

この方においては、順番的にはこの習慣を変えてから、それから呼吸法だ何かだだと思いました。

最終的に、自身の習慣が影響して睡眠の状態を悪くしてしまったと気づいてくれました。

睡眠は本当に大事です。 良く寝れるよう工夫しましょう!




posted by YKC at 09:35| Comment(0) | セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。